特研階級日誌

2020年春から1年間、特別研究期間(サバティカル)をいただいた大学教員の日々の呟き。

学期末のバタバタ

f:id:sidnanba:20200109135539j:plain

木曜は神戸市内でお仕事、大学に戻り、会議、面接、打ち合わせ。

金曜はチャペルで話して、4年ゼミ、会議。

今日は朝から校務で登校。採点とかシラバスと済ませて

懸案事項もろもろに早くとりかからなければ。

 

中川一徳『二重らせん』講談社、2019

日野百草『ルポ・京アニを燃やした男』第三書館、2019