swinging sixties

swingingというよりは動揺(upset)な60代大学教員の日々の呟き。

新書200選2021

f:id:sidnanba:20210313211812j:plain

社会学部でメディアとかポピュラー・カルチャーに関して興味持ってる新入生に向けて、2012~2021年刊行の新書200選、ということです(たぶん、200冊あるはず)

 

加藤秀俊社会学:わたしと世間』中公新書、2018年
小熊英二『日本社会のしくみ:雇用・教育・福祉の歴史社会学講談社現代新書、2019年
大澤真幸社会学史』講談社現代新書、2019年
吉見俊哉『平成時代』岩波新書、2019年
松田美佐『うわさとは何か:ネットで変容する「最も古いメディア」』中公新書、2014年
山本昭宏『核と日本人:ヒロシマゴジラ・フクシマ』中公新書、2015年
山本昭宏『戦後民主主義現代日本を創った思想と文化』中公新書、2021年
山本昭宏『原子力の精神史:〈核〉と日本の現在地』集英社新書、2021年

輪島裕介『踊る昭和歌謡:リズムからみる大衆音楽』NHK出版新書、2015年
山田昌弘『モテる構造:男と女の社会学ちくま新書、2016年
阿部真大『地方にこもる若者たち:都会と田舎の間に出現した新しい社会』朝日新書、2013年
北条かや『キャバ嬢の社会学星海社新書、2014年
鈴木翔『教室内(スクール)カースト光文社新書、2012年
鈴木弘輝『生きる希望を忘れた若者たち』講談社現代新書、2012年
新雅史『商店街はなぜ滅びるのか:社会・政治・経済史から探る再生の道』光文社新書、2012年
本田由紀『もじれる社会:戦後日本型循環モデルを超えて』ちくま新書、2014年
本田由紀『教育は何を評価してきたのか』岩波新書、2020年
森真一『友だちは永遠じゃない:社会学でつながりを考える』ちくまプリマー新書、2014年
牟田和恵『部長、その恋愛はセクハラです!』集英社新書、2013年
田中研之輔『ルポ不法移民:アメリカ国境を越えた男たち』岩波新書、2017年
橋本健二『新・日本の階級社会』講談社現代新書、2018年
橋本健二アンダークラス:新たな下層階級の出現』ちくま新書、2018年
橋本健二中流崩壊』朝日新書、2020年

吉川徹『日本の分断:切り離される非大卒若者(レッグス)たち』光文社新書、2018年
好井裕明『違和感から始まる社会学:日常性のフィールドワークへの招待』光文社新書、2014年
好井裕明『差別の現在:ヘイトスピーチのある日常から考える』平凡社新書、2015年
好井裕明『「今、ここ」から考える社会学ちくまプリマー新書、2017年
好井裕明『他者を感じる社会学:差別から考える』ちくまプリマー新書、2020年
新雅史『「東洋の魔女」論』イースト新書、2013年
筒井淳也『仕事と家族:日本はなぜ働きづらく、産みにくいのか』中公新書、2015年
筒井淳也『結婚と家族のこれから:共働き社会の限界』光文社新書、2016年
筒井淳也『社会を知るためには』ちくまプリマー新書、2020年

柴田悠『子育て支援と経済成長』朝日新書、2017年
赤川学『これが答えだ!少子化問題ちくま新書、2017年
北条かや『整形した女は幸せになっているのか』星海社新書、2015年
古市憲寿『古市くん、社会学を学び直しなさい!!』光文社新書、2016年
廣末登『ヤクザになる理由』新潮新書、2016年
中村高康『暴走する能力主義ちくま新書、2018年
内田良『教育という病:子どもと先生を苦しめる「教育リスク」』光文社新書、2015年
松本三和夫『構造災:科学技術社会に潜む危機』岩波新書、2012年
山下祐介『限界集落の真実:過疎の村は消えるのか?』ちくま新書、2012年
盛山和夫社会保障が経済を強くする:少子高齢社会の成長戦略』光文社新書、2015年
木村忠正『デジタルネイティブの時代:なぜメールせずに「つぶやく」のか』平凡社新書、2012年
松本慧祐『グーグルマップの社会学:ググられる地図の正体』光文社新書、2016年
長澤秀行編『メディアの苦悩:28人の証言』光文社新書、2014年
ふるまいよしこ『中国メディア戦争:ネット・中産階級・巨大企業』NHK出版新書、2016年
さやわか『僕たちとアイドルの時代』星海社新書、2015年
さやわか『一〇年代文化論』星海社新書、2014年
さやわか『僕たちのゲーム史』星海社新書、2012年
さやわか『文学としてのドラゴンクエスト:日本とドラクエの30年史』コア新書、2016年
生明俊雄『タンゴと日本人』集英社新書、2018年
波戸岡景太
ラノベのなかの現代社会:ポップ/ぼっち/ノスタルジア講談社現代新書、2013年

三浦文夫『少女時代と日本の音楽生態系』日経プレミアシリーズ、2012年
矢野利裕『ジャニーズと日本』講談社現代新書、2016年
松谷創一郎SMAPはなぜ解散したのか』SB新書、2017年
佐々木敦『ニッポンの音楽』講談社新書、2014年

柴那典『ヒットの崩壊』講談社現代新書、2016年
宇野維正『1998年の宇多田ヒカル新潮新書、2016年
酒井順子ユーミンの罪』講談社現代新書、2013年
安西信一ももクロの美学:〈わけのわからなさ〉の秘密』廣済堂新書、2013年
太田省一SMAPと平成ニッポン』光文社新書、2016年
太田省一『芸人最強社会ニッポン』朝日新書、2016年
津堅信之『日本のアニメは何がすごいのか:世界が惹かれた理由』祥伝社新書、2014年
津堅信之『新版アニメーション学入門』平凡社新書、2017年
数土直志『誰がこれからのアニメをつくるのか?:中国資本とネット配信が起こす静かな革命』星海社新書、2017年
武田徹『なぜアマゾンは1円で本が売れるのか:ネット時代のメディア戦争』新潮新書、2017年
鳥原学『日本写真史(上・下)』中公新書、2013年
鳥原学『写真のなかの「わたし」:ポートレイトの歴史を読む』ちくまプリマー新書、2016年
吉野嘉高『フジテレビはなぜ凋落したのか』新潮新書、2016年
中川右介『月9:101のラブストーリー』幻冬舎新書、2016年
岩崎達也日本テレビの「1秒戦略」』小学館新書、2016年
近藤正高タモリと戦後ニッポン』講談社現代新書、2015年
砂川浩慶『安倍官邸とテレビ』集英社新書、2016年
伊藤守『ドキュメント テレビは原発事故をどう伝えたのか』平凡社新書、2012年
ラリー遠田『お笑い世代論:ドリフから霜降り明星まで』光文社新書、2021年
佐藤智恵『テレビの秘密』新潮新書、2015年
林香里『メディア不信:何が問われているのか』岩波新書、2017年
藤代裕之『ネットメディア覇権戦争:偽ニュースはなぜ生まれたのか』光文社新書、2017年
高木徹『国際メディア情報戦』講談社現代新書、2014年
中野雅至『テレビコメンテーター:「批判だけするエラい人」の正体』中公新書ラクレ、2013年
酒井順子『オリーブの罠』講談社現代新書、2014年 
辻田真佐憲『たのしいプロパガンダイースト新書、2015年
本間龍『原発プロパガンダ岩波新書、2016年
三浦展『東京は郊外から消えていく!:首都圏高齢化・未婚化・空き家地図』光文社新書、2012年
中沢明子『埼玉化する日本』イースト新書、2014年
中川大地『東京スカイツリー論』光文社新書、2012年
速水健朗『都市と消費とディズニーの夢:ショッピングモーライゼーションの時代』角川oneテーマ21、2012年
吉見俊哉『夢の原子力:Atoms for Dream』ちくま新書、2012年
吉見俊哉編『平成史講義』ちくま新書、2019年
岡本亮輔『聖地巡礼世界遺産からアニメの舞台まで』中公新書、2015年
岡本健『巡礼ビジネス:ポップカルチャーが観光資産になる時代』角川新書、2018年
酒井亨『日本のアニメはなぜ世界を魅了し続けるのか:アニメ聖地と地方インバウンド論』ワニブックス|PLUS|新書、2020
田崎健太『電通FIFA:サッカーに群がる男たち』光文社新書、2016年 
岩村暢子『日本人には二種類いる:1960年の断層』新潮新書、2013年
杉浦由美子『女子校力』PHP新書、2013年 
杉浦由美子『ママの世界はいつも戦争 』ベスト新書、2013年
橋本健二『居酒屋の戦後史』祥伝社新書、2015年
南後由和『ひとり空間の都市論』ちくま新書、2018年
伊東ひとみ『キラキラネームの大研究』新潮新書、2015年
牛窪惠『恋愛しない若者たち:コンビニ化する性とコスパ化する結婚』ディスカヴァー携書、2015年
牛窪恵『若者たちのニューノーマル:Z世代、コロナ禍を生きる』日経プレミアシリーズ、2020年

久我尚子『若者は本当にお金がないのか?:統計データが語る意外な事実』光文社新書、2014年
長山靖生『若者はなぜ「決めつける」のか』ちくま新書、2015年
原田曜平『さとり世代:盗んだバイクで走りださない若者たち』角川oneテーマ21、2013年
原田曜平『ママっ子男子とバブルママ』PHP新書、2016年
原田曜平『新・オタク経済』朝日新書、2015年
原田曜平『パリピ経済:パーティーピープルが市場を動かす』新潮新書、2016年
原田曜平『ヤンキー経済:消費の主役・新保守層の正体』幻冬舎新書、2014年
原田曜平『Z世代:若者はなぜインスタ・TikTokにハマるのか?』光文社新書、2020年

藤本耕平『つくし世代:「新しい若者」の価値観を読む』光文社新書、2015年
鍋田恭孝『子どものまま中年化する若者たち:根拠なき万能感とあきらめの心理』幻冬舎新書、2015年
海老原嗣生『お祈りメール来た、日本死ね:「日本型一括採用」を考える』文春新書、2016年
山田昌弘白河桃子『「婚活」症候群』ディスカヴァー携書、2013年
山田昌弘『底辺への競争:格差放置社会ニッポンの末路』朝日新書、2017年
白河桃子格付けしあう女たち:女子カーストの実態』ポプラ新書、2013年
山本直人『世代論のワナ』新潮新書、2012年
西田亮介『マーケティング化する民主主義』イースト新書、2016年
西田亮介・工藤啓『無業社会:働くことが出来ない若者たちの未来』朝日新書、2014年
西田亮介『不寛容の本質:なぜ若者を理解できないのか、なぜ年長者を許せないのか』経済界新書、2017年
岩本裕世論調査とはなんだろうか』岩波書店、2015年
今野晴貴ブラック企業:日本を食いつぶす妖怪』文春新書、2012年
今野晴貴『ブラックバイト:学生が危ない』岩波新書、2016年
宮本みち子『若者が無縁化する:仕事・福祉・コミュニティでつなぐ』ちくま新書、2012年
大野奈穂子ほか『高学歴女子の貧困:女子は学歴で「幸せ」になれるか?』光文社新書、2014年
藤田孝典『貧困世代:社会の監獄に閉じ込められた若者たち』講談社現新書、2016年
藤田孝典『下流老人:一億総老後崩壊の衝撃』朝日新書、2015年
藤田孝典『棄民世代:政府に見捨てられた氷河期世代が日本を滅ぼす』SB新書、2020年
雨宮処凛ほか『下流中年:一億総貧困化の行方』SB新書、2016年
白波瀬達也『貧困と地域:あいりん地区から見る高齢化と孤立死中公新書、2017年
橘木俊詔・参鍋篤司『世襲格差社会:機会は不平等なのか』中公新書、2016年
橘木俊詔・迫田さやか『夫婦格差社会:二極化する結婚のかたち』中公新書、2013年
森岡孝二『雇用身分社会』岩波新書、2015年
濱口桂一郎『日本の雇用と中高年』ちくま新書、2014年
濱口桂一郎『働く女子の運命』文春新書、2015年
濱口桂一郎『若者と労働:「入社」の仕組みから解きほぐす』中公新書ラクレ、2013年
宮地弘子『デスマーチはなぜなくならないのか:IT化時代の社会問題として考える』光文社新書、2016年
中野円佳『「育休世代」のジレンマ:女性活用はなぜ失敗するのか?』光文社新書、2014年
竹信三恵子『家事労働ハラスメント:生きづらさの根にあるもの』岩波新書、2013年
竹信三恵子『正社員消滅』朝日新書、2017年
森山至貴『LGBTを読みとく:クィアスタディーズ入門』ちくま新書、2017年
芹澤健介『コンビニ外国人』新潮新書、2018年
児美川孝一郎『夢があふれる社会に希望はあるか』ベスト新書、2016年
岸本裕紀子『感情労働シンドロームPHP新書、2012年
水谷英夫『感情労働とは何か』信山社新書、2013年
常見陽平『「就社志向」の研究:なぜ若者は会社にしがみつくのか』角川oneテーマ21、2013年
常見陽平『「意識高い系」という病:ソーシャル時代にはびこるバカヤロー』ベスト新書、2012年
石渡嶺司『キレイゴト抜きの就活論』新潮新書、2017年
井上史雄『新・敬語論』NHK出版新書、2017年
金菱清『震災学入門:死生観からの社会構想』ちくま新書、2016年
田中宏『在日外国人・第三版:法の壁、心の溝』岩波新書、2013年
山下英愛『女たちの韓流:韓国ドラマを読み解く』岩波新書、2013年
木村元彦『橋を架ける者たち:在日サッカー選手の群像』集英社新書、2017年
大原通郎『テレビ最終戦争:世界のメディア界で何が起こっているか』朝日新書、2018年
森田健司『江戸の瓦版:庶民を熱狂させたメディアの正体』洋泉社歴史新書y、2017年
海野弘万国博覧会の二十世紀』平凡社新書、2013年
海野弘『魔女の世界史:女神信仰からアニメまで』朝日新書、2014年
北野圭介『新版ハリウッド100年史講義:夢の工場から夢の王国へ』平凡社新書、2017年
仲正昌樹現代思想の名著30』ちくま新書、2017年
仲正昌樹マックス・ウェーバーを読む』講談社現代新書、2014年
武藤浩史ビートルズは音楽を超える』平凡社新書、2013年
渡辺靖『〈文化〉を捉え直す:カルチュラル・セキュリティの発想』岩波新書、2015年
佐々木敦『ニッポンの音楽』講談社現代新書、2014年
前田亮一『今を生き抜くための70年代オカルト』光文社新書、2016年
大塚英志『メディアミックス化する日本』イースト新書、2014年
大塚英志『二階の住人とその時代:転形期のサブカルチャー私史』星海社新書、2016年
大塚英志『物語消費論改』アスキー新書、2012年
大塚英志『「おたく」の精神史:一九八〇年代論』星海社新書、2016年
東浩紀・大山顕『ショッピングモールから考える:ユートピア・バックヤード・未来都市』幻冬舎新書、2016年
荻野美穂『女のからだ:フェミニズム以後』岩波新書、2014年
澤康臣『グローバル・ジャーナリズム:国際スクープの舞台裏』岩波新書、2017年
逢坂巌『日本政治とメディア:テレビの登場からネット時代まで』中公新書、2014年
福島創太『ゆとり世代はなぜ転職をくり返すのか?:キャリア思考と自己責任の罠』ちくま新書、2017年
烏賀陽弘道『「Jポップ」は死んだ』扶桑社新書、2017年
金成玟『K-POP:新感覚のメディア』岩波新書、2018年
川端基夫『消費大陸アジア: 巨大市場を読みとく』ちくま新書、2017年
松岡亮二『教育格差:階層・地域・学歴』ちくま新書、2019年
橋爪大三郎『戦争の社会学:はじめての軍事・戦争入門』光文社新書、2016年
高野光平『発掘!歴史に埋もれたテレビCM:見たことのない昭和30年代』光文社新書、2019年
天野彬『SNS変遷史:「いいね!」でつながる社会のゆくえ』イースト新書、2019年
山口誠『客室乗務員の誕生:「おもてなし」化する日本社会』岩波新書、2020年
金菱清『震災学入門:死生観からの社会構想』ちくま新書、2016年
田中辰雄・浜屋敏『ネットは社会を分断しない』角川新書、2019年
佐藤卓己『流言のメディア史』岩波書店、2019年
梅澤聡『コンビニチェーン進化史』イースト新書、2020年
渋井哲也『ルポ平成ネット犯罪』ちくま新書、2019年
毛利嘉孝バンクシー:アート・テロリスト』光文社新書、2019年
島健輔『アパレルの終焉と再生』朝日新書、2020年
林哲夫『学校制服とは何か:その歴史と思想』朝日新書、2020年
福田直子『デジタル・ポピュリズム:操作される世論と民主主義』集英社新書、2018年

竹内功『吉本興業史』角川新書、2020年
瀬地山角『炎上CMでよみとくジェンダー論』光文社新書、2020年
福間良明『「勤労青年」の教養文化史』岩波新書、2020年
志水宏吉『学力格差を克服する』ちくま新書、2020年
佐藤卓己『メディア論の名著30』ちくま新書、2020年
島村恭則『みんなの民俗学:ヴァナキュラーってなんだ?』平凡社新書、2020年
NHKスペシャル取材班『やばいデジタル:現実が飲み込まれる日』講談社現代新書、2020年
開沼博『日本の盲点』PHP新書、2021年
難波功士『人はなぜ〈上京〉するのか』日経プレミアシリーズ、2012 年
難波功士『大二病:「評価」から逃げる若者たち』双葉新書、2014年
難波功士『「就活」の社会史:大学は出たけれど』祥伝社新書、2014年