特研階級日誌

2020年春から1年間、特別研究期間(サバティカル)をいただいた大学教員の日々の呟き。

zoomな週末

f:id:sidnanba:20201212142833j:plain

昨日はzoomにて会議やシンポジウム、研究会。今日もシンポを覗くつもり。
共通テストの翌週ということで、大学人、今週末にスケジュールをほりこんできたんだろう。昨日のシンポで、もっとも覚醒させられたポイントは、
マスコミュニケーションはもう終わったというけれども、
送り手がマスの側になったという意味では、これからますますマスコミュニケーションの時代だろう、という話。

 

なるほどなぁと思いつつ、明日の修論口頭試問の準備など、審査仕事等々。

 

シンポジウムなどにPCでzoom参加していると、インターミッションの時間についついYoutubeTVeramazonプライムなどの間をザッピングしてしまう。
休憩時間中に、吉田豪とぱいぱいでか美の話を聞いていると、突然「冷戦期の文化表象と政治性」といった話が再開されたりするので、なんか奇妙。

梶原一騎、田代まさし、山崎賢人、長渕剛…

f:id:sidnanba:20210121102724j:plain

吉田豪の「豪の部屋」をぼんやりみてると、A型乙女座と言えば
梶原一騎田代まさし吉田豪…という話をしていた。

 

そうか~、と親近感。
自分と生まれた月日が同じなのが、長渕剛山崎賢人
ウィキペディアによれば、いずれもA型だそう。

 

この並びだと、吉田豪と同じというのが、いちばんうれしいかも。

 

今日は研究室にて、zoom会議・研究会聞いたり、出たり。

恵送御礼

f:id:sidnanba:20210120101816j:plain

最近某学会とか某学会とかのからみもあり、こちらの大学の非常勤に来ていただいている関係もあって、ご恵送いただく。

 

見通しよく、かつアニメ等にも目配りした「戦後民主主義」論として勉強になったし、共感する点も多々。
しかし、やはり世代の違い(こちらが山本さんのほぼ親世代)も感じるというか、こちらの親が昭和一桁生まれで、
戦後民主主義の洗礼受けた世代なので、頭でというよりは、体感的なところで戦後民主主義をとらえていることを
改めて自覚したりもしている。父親は新制大学の一期生で、マル経のゼミに所属してたようだし、
母親は高等女学校にいたら突然共学化され、いきなり小田実が同級生として現れるという世代で
とくだん各種運動にからむこともないが、なんとなく雰囲気的なものとしては…という家庭で育った。
父親はこちらが小6の時に急逝したが、その本棚漁ってて、山口瞳大江健三郎、読んだしなぁ。
筑摩の現代漫画の選集も何冊かあり、水木しげる悪魔くん」には衝撃をうけた。
中学の頃は「允彦千夏のあなたまかせ」だし…。
こちらがうまく距離をとって客観視できないものが、山本さんたちにはちゃんと俯瞰できてるんだろうと思う。

 

今日は修論の口頭試問を傍聴。

 

『推し、燃ゆ』、芥川賞かぁ~。NHKの「あさイチ」などではずいぶん肯定的に語られている推し活だが
まぁいろんな側面があるわけで。少し前に読んだので、記憶曖昧だが
アイドルが炎上し、そのオタがぼろぼろになっていく姿が、けっこうな筆力で描かれていたような。
題名を見て、一瞬、「萌ゆ」じゃないの?と思った記憶もある。

共通テスト

f:id:sidnanba:20210115222729j:plain

無事を祈るのみ。

 

wowwowで「ペンションメッツァ」、始まる。小林聡美・松本佳奈・大貫妙子

ロケ地が富士見高原らしい。遠い昔、広告代理店社員だった頃
長野県開発の別荘地の仕事していて、行ったなぁ。懐かしい。

 

町村敬志『都市に聴け』有斐閣、2020

かえるとウサギ

f:id:sidnanba:20210114090850j:plain

昨日は教務、取材対応。
今日は本来なら大阪市内に出かけて会議の予定が、緊急事態ということで、レポートをメール添付で提出するかたちに変更。
今日・明日と研究室にて、春からの仕込みとか校正とか審査仕事とか。
来週からは修論審査が入るし、来週末は研究会もあるしで
今週末は家に籠っていろいろ準備仕事を進められたら。
(共通テスト、どうなるんだろうなぁ)

 

松井英光『新テレビ学講義』茉莉花社、2020