60歳からの自分いじり

恥の多い生涯を送って来ましたが、何か?

さよなら星型団地

f:id:sidnanba:20210921084705j:plain

今朝早くにお彼岸の墓参、その後原付で大学へ直行の道すがら。もうすぐ取り壊されるであろうスターハウス。映画「円卓」のロケ地だったが。

 

さて、今朝からまた講談社のサイトに文章を載せていただいております。

THE FIRST TAKEが「広告賞」を次々受賞…そのウラで「広告業界」に起こっている重大な変化(難波 功士) | マネー現代 | 講談社(1/5)

 

まあ、あいもかわらずの、昭和生まれにはわからないことがどんどん起きますわ、という話。

そういえば総裁選、ほぼ同世代の人たちの争いになっている。この世代ががんばるよりは次世代に期待した方がいいとは思うが、まぁ、政界の年齢秩序で言えば、そういうことになるんだろう。
今朝の新聞によれば、若者支援とか奨学金制度に関して、皆それなりに意識はあるよう。
ともかく文教行政に一家言ない人が首相となってほしいものだ。入試制度を変えるとか学術会議がどうこうとか、言い出さない人がいいなぁ。ゆとりとか個性とか、逆にOECD国際教育指標の数値がどうとか、世界大学ランキングがどうとか…
教育制度は割とすぐにそれなりにいじれて(政治家のやってる感演出しやすくて)、その結果があらわれる頃には皆引退…みたいなことになりがち。
途中まで出馬説があった元文科相とか、ヤバいなぁと思っていたが、それは回避。同年生まれ(学年一こ上)の元総務相は、放送行政に関して、けっこうヤバめだった印象があるので、避けてほしい気がする。

 

今日は3年ゼミなど。

今朝の仁川と同族大学

f:id:sidnanba:20210918075543j:plain

台風一過、この辺りはさほど雨量はなかったが、他の地域ではどうだったんだろう。

 

J・ブレーデン&R・グッドマン『日本の私立大学はなぜ生き残るのか:人口減少社会と同族経営:1992-2030』中公選書、2021

 

大学を同族経営する学校法人を、文化人類学者がエスノグラフィーしたということで、沖永家? 松前家? 世耕家? 田野瀬家? 都筑家?…と読み進めるが
そうか、大阪のあの大学もそうだったのかと初めて知る。そして、その大学の30年ほどの軌跡に引き込まれる。
学費高め、裕福な自営業者の子供多め、国立大の名誉教授多め、といった印象の大学だったが、
そのあたりすべて払拭し、最近では学生定員縮小、学費平均的でありながらも、経営安定大のよう。


同族ゆえのレジリエンスという話なのだが、昔いた会社が同族からの脱皮をはかったところなので
なんとなく、世の流れは非同族へと向かうものと思っていたが、政界等をみるにつけ、家業強いなぁ、という気もしてくる。トヨタ、元気だしなぁ。
また、やり手理事長乗り込んでくるというパターンにも、いろいろあるし…
ともかく、法科大学院話とか、近隣の英知大学聖トマス大学)や神戸夙川学院大学の事例など、なかなか興味深かった。
英知大学と言えば、太郎の青春、広岡瞬、懐かしいなぁ。
また近隣大と言えば、学校法人濱名山手学院というのもすごいなぁ。これは同族になるんだろうか、もう合従連衡、複雑怪奇。

 

本音のところでは、継ぐべき堅実な家業のもと生まれていたらなぁとは思うが、父方も母方も3代続いた給与生活者、ホワイトカラーの子
勤めている大学も、同族経営ではないし、昔のように阪神間の自営の家の子たち多めの学校でもない(いや、依然若干多めかも)。
学生皆が自らの生業を見つけていってほしい(こちらもなんとか生業を全うしたい)。
正業とも盛業とも成業ともいわず、ただただ生業。

 

一本のマイク それだけ
一本のペン それだけ
一枚のペーパー それだけ(以下略)

 

研究室にて、今日も教務。

ダイキンの工場近く

f:id:sidnanba:20210917115546j:plain

で育ったこともあり、ダイキンのブランド責任者のお話し、いろいろ興味深く拝読。
ゼミ卒業生の名も、一瞬出てくる。

 

ちょうど、広告文化論の「ブランド」回つくっていたところなので読んだが、本書の核は「企業がブランドにこだわるのは、まず収益のため」と言い切った点だろう。

ブランド構築の本義は、社会貢献でも、誰かとの約束でも、他との差別化でもなく…。もちろん、それらに結果するならしたでよいが、あくまでその企業がサステイナブルであることが第一義であり、企業が真っ先に負う社会的責任はそこだろう。この点で、凡百のブランド論から差別化をはかる試みとして、成功してると思う。

全体的に非常に合点のいく内容だが、ブランドを構築すべきはメーカーだけではなく、学校が、個人が、地域がと、さまざまな人々が自身のブランドに気を使わざるをえなくなっている現状を考えると、また別の実務家の知が必要となるようにも思う。

 

秋学期の講義は、全回がオンデマンド型オンライン授業となったことで、気持ちのふんぎりがついた。
「お耳に合いましたら。」みたいなわけにはいかないが、ひたすらマイクに向かい、パワポに音声を入れていく。500名超の受講生個々のことは、よくわからないが…。
Creepy Nutsは、「教師 漫才師 医師 弁護士 師と仰がれし者、皆ペテン師」と言うけれども。「俺はMC」と言うわけにはいかないけれども。

 

今日は台風に備え、終日自宅で教務やZoomで講演聴いたり。

 

林芳亨『日本のジーパン』光文社新書、2021

細かすぎて伝わらない文春砲

f:id:sidnanba:20210916115821j:plain

何となく立ち読みしていたら、一点、えらく気になったので購入してしまう。

芸能人が誰と浮気しようが、皇族の方がどなたと結婚されようが、ほとんど気にならずに生きているが、
数年前に流れた「近隣に日大の系列校ができるらしい」Rumorに根や葉があったっぽいことに、激しく反応してしまう。
その話は立ち消えになったが、なんやかや余波はあったと記事にはある。くわばら、くわばら。

 

今日・明日教務、できたらZoomで研究会を覗く。台風来る前にいろいろ仕込まねば。

 

ところで、もともと気になっていた文春記事に関しては、90年代、オルト・カルチャーとか、フリンジ・カルチャーとか、スカム・カルチャーとか、鬼畜系とか、悪趣味趣味とか、ジョン・ウォーターズとか、特殊漫画とか…と、いろいろ思い出してしまう。

紅葉⁉

f:id:sidnanba:20210915082012j:plain

通勤途中、ちょっとだけ紅葉の兆し。秋学期始まるなぁ~

 

今日は午前中授業準備、午後からZoomでの学部FD研修会。ファカルティ・ディベロップメントということで、5年目を経過した新カリキュラムについて、IRデータなどの紹介があり、もろもろ議論。
学部の未来を担う人たちが、闊達に意見交換してて、いい感じだった。IR(インスティチューショナル・リサーチ)は要は学生アンケートだけれど、しつこくデータとり続けたことは、それなりに意味があったよう。

 

教員の側にも得意不得意あるし、学生の側が求めるものも多様だろうし…、といった意見・感想が多かったように思うが、「一律こうした教育をしよう!」というのはやめた方がよいという立場なので、首肯しながら議論を拝聴。
白秋とか玄冬とかのフェーズをむかえた者として、学部ないし学生にどう貢献できるかを考えたい。

渋谷系と靴下

f:id:sidnanba:20210914090611j:plain

講談社・現代ビジネスの方に

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/87245

オリンピックや渋谷系の話のようでいて、要は松本壮史、伊藤万理華すげぇ話を書いてます。

 

今日は雨の中、歩きで登校。終日校務にて缶詰。
ダルダルの靴下だったが、もう一回くらい履いて捨てるか…、雨だし念のため予備の靴下、持っていこと家を出たが
300mも歩かぬうちにズレてくる。ゴムがここまで弱っていたとは…、原付通勤なら大丈夫だったかもしれないが、
こりゃ研究室までもたんなと思い、道端で予備靴下に履きかえる。
こんな具合に手持ちの衣料を整理していこうと思う。
難題はデニムで、ここしばらくは買っていないはずなのに、けっこうある。なかなか履き潰すところまではいかない…

 

こちらの寿命とデニムの寿命の勝負!みたいな感じだが、
ともかく履き潰すためには、太らないこと。節制せねば。

探求したい人が、探求したいことを

f:id:sidnanba:20210912163044j:plain

あいかわらず自宅から投げると、縦横コントロールできない。

 

今朝の朝日新聞から。
知識だけではなく、思考力や自発性を涵養する方向で教育を変えていき、独創的な発想で新たなビジネスを生み出す、タフなグローバル人材を育成…
という路線(=経済界の意図)はまぁ理解できる(が、それが入試に落とし込めなくて、混迷したことは記憶に新しい)。

記事のほうは、高校での探究活動を前提とした公募制推薦入試に、好意的にフォーカスしている印象。それも、まぁわかる。
だが、高校生皆が皆、「探求」する必要もないんじゃないの、とも思う。一律に探求をさせようとすると、テンプレートの「探究」が量産されるだけだろうし、公募制推薦狙いの、生徒の内発的意志にもとづかない「探求」が蔓延りそうにも思う。

人間、オリジナリティやクリエイティビティを義務として、毎度毎度要求されることほど、しんどいものはない。好きなことを好きにやってて、時に何か突き抜けたところまでいく生徒がいたらいたでいいし、突き抜けない生徒に「ダメ」とレッテル貼る必要もない。生徒の多様性を伸ばすとの名目のもと、多様であることを強制するのは、かつての管理教育以上にたちが悪いと思う。

 

ある程度、入試形態・種別にバリエーションをもたせつつ、できるだけ多面的に受験生を評価しようとは努力する…
みたいな当たり前なことを、当たり前にやっていくしか方策はなかろう。

 

大学入試(高大接続)改革(しようとして頓挫した)の混乱のプラス面(私個人的な)をあえて挙げると、今の2年生の指定校推薦組はけっこうよいのでは…という体感はある(もちろん、皆が皆、というわけではないが)。
どうなるかわからない入試改革につきあってられるかい!というのも一つの見識だったと思う。

知的探究心旺盛な子がいて、基礎学力を着実に身につけた子がいて、まぁなんだかよくわからないがたくましい子がいて、いろいろな学生がいてほしい。もちろん、さまざまな美質を兼ね備えている学生というのが理想だが。

 

今日も教務もろもろ。

アイドルの部屋

f:id:sidnanba:20210911165335p:plain

映画「Tokyo Idols」から、自宅配信するアイドルの部屋(けっこういい機材)。ファンからのプレゼントなのか、リラックマだらけ。
現在はツイキャス・メインのようだが、先ほどのぞくとコロナからなかなか復調できず…という状況らしい。
大きな組織に属さずライブ・エンタテインメント中心でやっていくことのしんどさに加えて、コロナ罹患。
ファンにオジサン多いから(感染させるわけにはいかない)…、にはちょっと泣ける。

 

コリンヌ・メイエ『怠けものよ、こんにちは』によれば、サラリーマンには「追従者」「厄介もの」「怠け者」の三者がいるとのこと。
長らく組織に属し、給与生活者として生きてきたが、どれも自分に当てはまるような気もする。
新規なことへの対応力は鈍くなってきたが、極力周囲の厄介とならず、怠けることに慣れることなく。

 

今日は1件、Zoomホストやって、あとはあいかわらず秋学期への仕込み作業。

8GB

f:id:sidnanba:20210911163940j:plain

8GBのUSBも、もうあまり出回らなくなっているようなので、来期はもう少し容量大きなものを配ることになるかも。

 

2年生ゼミ生に配布用として。過去の卒論(の一部)や、時間があるときにでも見といてくれたら動画ファイルなど。あれこれ8GBいっぱいにまで詰め込む。
研究室のデスクトップ機は、USBの口が3つあるので、こんな時、便利。
週末は教務もろもろなど。

TOKYO IDOLS

f:id:sidnanba:20210909170522j:plain

以前から噂には聞いていたが、ようやく視聴できた。2017年、英・加作品。

 

柊木りお、ヒャダイン濱野智史中森明夫北原みのり…などはわかったが、
P.IDL、原宿物語、amore carinaなどは、初見、初見。
柊木りおのトップオタらしきKojiさんに幸あれと思う。

 

この2010年代半ばのシーンが、コロナによって今どうなったんだろう…
柊木りおは、まだがんばってることは確認。推し名は「ブラザーズ」ではなく、今は「ちぇりおーず」らしいけど。

ブラザーズ、シンプルでよかったのになぁ(ブラザーズだと、男性限定感が強いのか)。

クルーとバディーズの父親としては、クルー(志麻リス)はありだが、バディーズはなぁ…などと思う(バリーズはいいけど)。そこはサクオタでじゅうぶんじゃん。

 

今日はZoom会議、会議。発言しなければならない件ありなので、う~ん。あとはやはり授業準備。またパワポに音声入れ始めたり。

 

「お耳に合いましたら。」。嶋田久作・豊嶋花回。ラジオレジェンドの登場はなかったように思うが、あいかわらず快調。次は、美保純回のよう。